Are you the publisher? Claim or contact us about this channel


Embed this content in your HTML

Search

Report adult content:

click to rate:

Account: (login)

More Channels


Showcase


Channel Catalog


Articles on this Page

(showing articles 41 to 60 of 97)
(showing articles 41 to 60 of 97)

Channel Description:

旅の専門家がお届けする観光情報 LINEトラベルjp 旅行ガイド。様々な旅行や観光・地域・歴史・文化・アクティビティの専門家=「ナビゲーター」が集まり、新たな旅先を提案する旅行ガイドメディア。関連パックツアーや宿泊施設の比較も。

older | 1 | 2 | (Page 3) | 4 | 5 | newer

    0 0

    宮城県白石市に今「泊まって良かった宿」東北No.1の呼び声が高い名宿があります。奥羽の薬湯、鎌先温泉の開湯は1428年。時音の宿 湯主一條は創業600年を数える老舗旅館です。2016年に国の有形文化財に登録された木造一部4階建ての本館は大正から昭和にかけて建てられた歴史的建造物。現在は宿泊者に食事を提供する個室料亭として活用されています。客室のコンセプトはエコ・ラグジュアリー、上質な癒しの宿です。

    0 0

    江戸時代から会津の奥座敷として栄えた「東山温泉」。湯川の両側には多くの宿が軒を連ねていますが、少し上った坂の上に位置するのが老舗旅館「原瀧(はらたき)」です。湯川の下流に自家源泉を保有しているため、希少な自家源泉100%掛け流しの露天風呂を満喫できます。会津の郷土料理や旬の味覚をお手前料理とバイキングコーナーで用意し、様々な場所で味わえるのが魅力。東山温泉での滞在を楽しみたい方におすすめですよ!

    0 0

    江戸時代から会津藩の湯治場として栄えてきた「東山温泉」。山形県の上山温泉、湯野浜温泉と共に奥羽三楽郷のひとつとして知られています。旅館やホテルでは、豊かな自然の中で露天風呂を満喫できたり、会津のグルメを好きなスタイルで食べられるのが魅力。昔懐かしい射的屋や、現在も芸妓さんが活躍しているなど、温泉街ならではの楽しみもありますよ。今回は会津の奥座敷「東山温泉」の過ごし方についてご紹介します!

    0 0

    福島県会津にある芦ノ牧温泉は会津の街から離れた山奥深い場所、静けさを求めるならこの温泉はオススメです!全部で11の旅館やホテルがある小さな温泉街の中でも「丸峰観光ホテル」は夕食に力が入る大型ホテル。地元の豊かな食材を中心にしたメニューは味も量も納得!ホテル内は館内も部屋も広々としていて、それだけでも気持ちにゆとりができて心身共に癒されます。

    0 0

    山形県の米沢市に湧く「小野川温泉」は、小野小町によって発見されたと伝わる由緒正しい温泉郷。立地や知名度の面では少し控えめですが、反面落ち着く湯の町です。温泉街をぶらりと歩けば、様々な名所が見えてきます。

    0 0

    江戸時代の宿場町がそのまま残されたような、大内宿。 茅葺き屋根の建ち並ぶ風景は圧巻です。 名物の長ネギ一本の高遠そばもいただき、塔のへつりまで足を延ばし、旅の疲れは芦ノ牧温泉で癒しましょう。

    0 0

    飯坂温泉(福島県福島市)は、鳴子温泉・秋保温泉(宮城県)とともに奥州3名湯に数えられており、日本武尊(ヤマトタケルノミコト)が東征(2世紀)へ行く際に立ち寄ったといわれている歴史深い温泉地です。江戸時代には俳人松尾芭蕉が立ち寄り「奥の細道」で紹介、「飯坂温泉」という名が日本中に知れ渡りました。場所はJR福島駅から電車で30分のところに位置し大変利便性の良い温泉で地元の皆からも愛されています。

    0 0

    本州最北端にある青森県・下北半島。ここは北海道よりも「最果ての地」というイメージにぴったりの旅ごころをくすぐるエリアです。 その下北半島の中央部、恐山山地の麓にあるのが400年の歴史を誇る薬研(やげん)温泉。 今回は冬場にお薦め、情緒豊かな癒し空間、雪の薬研温泉と日本一の大間のマグロをご紹介します。

    0 0

    日本三大急流と呼ばれる最上川。中でも、山形県大江町~白鷹町のおよそ25kmの区間を五百川峡谷(いもがわきょうこく)と呼びます。 昔、この区間に左荒(さこう)線という鉄道を作る計画がありました。結局、案は廃止され幻となりましたが、この左荒線が走る予定だったところは最上川の中でも絶景の場所が多く、土木遺産や隠れた名所などが点在し、見所満載です。 さあ、ご一緒に五百川峡谷の旅へ!

    0 0

    ひのき酵素風呂を知っていますか?ひのきのおがくずに酵素をブレンドすると酵素の発酵だけで、温度が50~70度に上昇します。その熱を利用した乾式温浴のことです。女性にうれしい冷え性回復、美肌づくり、ダイエット、また男性には疲労回復、不眠解消など、温泉以上の効能! 今回は、秋田県にあるひのき酵素風呂の詳しい効能や入浴方法、また同じ施設内にある温泉についても紹介していきます。

    0 0

    山形県尾花沢市にある銀山温泉は江戸時代初期の大銀山として栄えた「延沢銀山」の名称に由来しています。 NHKの連続テレビ小説「おしん」の舞台となったことで一躍脚光を浴びましたが、大正末期から昭和初期に建てられた洋風木造多層の旅館が銀山川の両岸に沿って軒を並べ、昔ながらの独特な景観を味わうことができます。 特に雪のある季節は情緒満点! 今回はそのような大正ロマン漂う「銀山温泉」をご紹介します。

    0 0

    秋田は日本有数の温泉県で、魅力的な露天風呂や泉質をほこる温泉がたくさんあります。 山間部の秘湯と呼ばれる温泉が有名な秋田ですが、アクセスがいい秋田市内にも、地元の秋田美人たちに評判の温泉があるんです! それは、秋田県一、いや日本で一番といっても過言ではない美肌になれるお湯が人気の秋田温泉プラザ! 地元人が足しげく通いつるつや肌をゲットできる温泉とはいかに?

    0 0

    【福が満開、福のしま。】 皆様はこの福島デスティネーションキャンペーンのフレーズに相応しい【紅白の湯】を一度に味わえる、まさに「めでたい秘湯」が福島市内にある事をご存知でしょうか? 「赤湯温泉好山荘」は「日本秘湯を守る会」にも会員登録されている正真正銘の秘湯!吾妻連峰の中腹で原生林に囲まれた凄い場所にありますが、「赤茶色の含鉄泉」と「灰白色の硫黄泉」が同時に楽しめるという実に贅沢な秘湯なのです。

    0 0

    蔵王連峰に抱かれた自然豊かな遠刈田(とおがった)温泉。400年を超す歴史ある温泉は今も、人々の身体を癒し続けています。ここは、雪の回廊が見られる蔵王エコーラインや伝統こけしの里として有名です。そして近年、美術館やアトリエが増えて、この町の味わい深さが増しました。今回は、ふらっと散歩気分で楽しめる、心地よい空間をご紹介します。

    0 0

    福島県いわき市には、古くから名湯として栄えた「いわき湯本温泉」があり、その中心に「温泉通り」があります。わずか200mほどの短い通りに、神社・仏閣、公衆浴場に温泉宿、そしてスイーツがあり、これらすべてが温泉に関わっているのです。 今回は、地底から湧き上がるご利益と、まったりとした癒しが受けられる贅沢この上ないダブルパワーのパワースポット「温泉通り」をご紹介いたします。

    0 0

    子連れでスキーに行くのって大変ですよね。どこに行ったらよいか迷っている方にゲレンデまで徒歩0分!子供も大人も楽しめるオススメの宿をご紹介致します。 福島県にある「ホテルリステル猪苗代」は、ゲレンデがホテルの目の前、キッズ専用のスノーゲレンデも充実。自家源泉の眺望露天風呂もあるので、大人も楽しめる宿泊施設です。東京からも車で3時間足らずなので、小さいお子様のスキーデビューにオススメです。

    0 0

    秋田県と岩手県の県境にある名山「八幡平」を横断する、絶景の八幡平アスピーテラインを走りぬけ、八幡平国立公園の大自然と共にひっそりとたたずむ名湯「後生掛温泉」は、一温泉一軒宿の昔からの湯治宿。「馬で来て下駄で帰る後生掛」といわれるほど、効能は古来より高く評価され、長期間滞在する湯治客が跡を絶ちません。 冬は閉鎖される八幡平アスピーテライン。例年4月下旬には開通しますので「後生掛温泉」を訪ねてみましょう。

    0 0

    古くは平安前期の古今和歌集などにも登場してくる仙台の奥座敷と呼ばれる秋保温泉。今回紹介する「伝承千年の宿 佐勘(さかん)」は、数ある温泉旅館の中でも、古くから秋保の湯守りとしてその名を馳せてきました。今もなお、その歴史は受け継がれつつ、現代の人々への御持て成しを、たゆまない歩みとともに提供されています。是非、秋保の旅の一コマに加えてみませんか。

    0 0

    仙台から気軽に行ける秋保(あきう)温泉。その中に、ただ一軒、高台から秋保温泉峡を望む「篝火(かがりび)の湯 緑水亭」。旅館の敷地内に入った瞬間から、ここが温泉街だということを忘れるほど、自然の中に溶け込んだ宿。広大な敷地内で思う存分、緑のシャワーを浴びてみませんか?

    0 0

    秋田県の秘湯といえば乳頭温泉郷の「鶴の湯温泉」。乳白色の温泉に茅葺屋根の建物が並ぶさまはまさに秘湯という風情です。 その乳頭温泉郷の中で、最も奥に位置するのが、今回紹介する「黒湯温泉」。 ブナ林を抜けた先には、昔ながらの湯小屋と乳白色の温泉から昇る湯けむり。夜は裸電球に照らされ、秘湯風情あふれる温泉です。 一度行ったらリピートすること間違いなしの秘湯・黒湯温泉の魅力に迫ります。

older | 1 | 2 | (Page 3) | 4 | 5 | newer