Are you the publisher? Claim or contact us about this channel


Embed this content in your HTML

Search

Report adult content:

click to rate:

Account: (login)

More Channels


Showcase


Channel Catalog


Articles on this Page

(showing articles 21 to 40 of 97)
(showing articles 21 to 40 of 97)

Channel Description:

旅の専門家がお届けする観光情報 LINEトラベルjp 旅行ガイド。様々な旅行や観光・地域・歴史・文化・アクティビティの専門家=「ナビゲーター」が集まり、新たな旅先を提案する旅行ガイドメディア。関連パックツアーや宿泊施設の比較も。

older | 1 | (Page 2) | 3 | 4 | 5 | newer

    0 0

    福島県須賀川にある「おとぎの宿 米屋」は、リピータ-が90%を占めるお宿。 のどかな田園風景が広がる地にある一軒宿の須賀川温泉で、建物自体も特段変わっているとは思えません。アクセスの良さはあるものの、それでもなさそう…。 いろいろ探ってみると、他のお宿では無いようなオリジナルを発見しました!キーワードは「化粧水」「おとぎ話」。 何と美人になれて、笑顔いっぱいになれる「幸せお宿」なのです。

    0 0

    美肌の湯として知られる磐梯熱海温泉の歴史は古く、室町時代の開湯と言われています。福島県郡山市街から車で約20分、五百川に沿って旅館が建ち並ぶ風情ある温泉街は、郡山の奥座敷ともいわれ、多くのファンに愛されています。そんな温泉街を行くと、上質な雰囲気を纏う風格ある「離れの宿 よもぎ埜」が現れます。周囲の立派なグランドホテルも魅力ですが、選ばれし者を迎える「大人の隠れ家」的オーラが漂います。

    0 0

    岩手県の花巻温泉郷は、秘湯の一軒宿や湯治場から大型ホテルまで個性的な温泉宿が点在する人気の温泉地です。 その中で、多彩な湯船で温泉を満喫できるのが、新鉛温泉「結びの宿 愛隣館」です。 大浴場や露天風呂はもちろん、立って入る湯船や飲泉所まであり、しかも「入ると金運がつくお湯」と言われる魅力的な温泉なのです。

    0 0

    「座敷わらしの里」と言われている、岩手県の金田一温泉郷。そこにある「侍の湯 おぼない」では、座敷わらしに出会ったり、ちょっとしたイタズラをされたりする人が続出しているそうです。歴史ある奥州の名湯「侍の湯」に浸かって、新鮮な魚や美味しい郷土料理を味わいながら、座敷わらしとの遭遇を期待して岩手県の二戸に出かけてみませんか。

    0 0

    福島市街地から車で約30分。福島市にある吾妻山をくねくね進んだ先にあるのが、高湯温泉です。高湯温泉は、硫黄などをたっぷり含んだ源泉で、効能も多彩。湯治という形で、江戸時代から栄えてきました。にごり酒のようなお湯の色は、白…というより空色にも見えます。今回は高湯温泉の中でも、開放感たっぷりの露天風呂が人気の「安達屋旅館」をご紹介します。お肌だけでなく、心もしっかり癒やしたい方にうってつけです。

    0 0

    蔵王連峰の西麓に位置する蔵王温泉。冬の樹氷やスキーのイメージが強いですが、初夏から秋にかけては清涼な山の空気に癒される高原リゾートとしても人気です。そんな清々しい空気を感じながら浸かれる野天風呂が、「堺屋・森のホテル ヴァルトベルク」にあります。開放感あふれるワイルドな造りのため、入浴は5月初旬~10月中旬まで。グリーンシーズンだけの贅沢な野天風呂で、森林浴気分を味わってみてはいかが。

    0 0

    飯坂温泉(福島県福島市)は、鳴子温泉・秋保温泉(宮城県)とともに奥州3名湯に数えられており、日本武尊(ヤマトタケルノミコト)が東征(2世紀)へ行く際に立ち寄ったといわれている歴史深い温泉地です。江戸時代には俳人松尾芭蕉が立ち寄り「奥の細道」で紹介、「飯坂温泉」という名が日本中に知れ渡りました。場所はJR福島駅から電車で30分のところに位置し大変利便性の良い温泉で地元の皆からも愛されています。

    0 0

    福島県・安達太良山には様々な温泉地が点在。その一つ「中ノ沢温泉」は山の中腹に位置する標高1,000mの磐梯高原にあります。宿や土産物店が軒を並べる山の温泉街は、知る人ぞ知るといった風情なのですが、自然湧出する源泉の量は日本一級。また、開湯より200余年の歴史を持ち、古くから薬湯として親しまれてきました。「御宿 万葉亭」は、そんなとっておきの湯を、とっておきのロケーションで満喫できる温泉宿なのです。

    0 0

    山形県米沢市にある「姥湯温泉」が発見されたのは480年以上前の天文2年(1533)。なんと室町時代のことになります。その始まりは、宿の祖先で鉱山師だった遠藤大内蔵氏が山中で道に迷った際、老婆に出会い、湯守になることを勧められたことからと伝わっているそうです。その湯は代々受け継がれ、現在の当主は18代目に! この温泉地にある一軒宿が「桝形屋」なのですが、この宿、これまたすごい場所にあるのです。

    0 0

    山形県米沢市の市街地からずっと離れた山の奥。そこに秘湯と呼ぶにふさわしい温泉宿「姥湯温泉 桝形屋」があります。奇岩が織りなす大日岳に佇む宿の起源は室町時代。480年以上も湧き続けているという歴史に加え、さらにすごいのが、源泉かけ流しの温泉と露天風呂のロケーションです。どんな場所で、どのように温泉を満喫できるか? 詳しくご紹介していきます。

    0 0

    山形県南陽市赤湯温泉は米沢盆地の北側にあり、寛治7年(1093年)に源義綱に発見されたと伝えられる温泉地。市街には農林水産省の「美しい日本のむら景観百選」に選ばれた、つや姫の圃場が広がっています。 古くから湯治場、奥羽街道の宿場町として栄えた赤湯温泉には、上杉家の殿様の入る御殿の湯を守ってきた宿があります。赤湯御殿を譲り受け、上杉家伝統のおもてなしを今も伝える宿、それが「上杉の御湯御殿守」です。

    0 0

    盛岡市街の西奥にある御所湖の畔に位置する「つなぎ温泉」は開湯900年という長い歴史を持つ温泉地。「四季亭」は、つなぎ温泉の中でも一番奥に位置する数寄屋造りの純和風旅館。恵まれた温泉と月替りの会席料理、そして親しみの持てる接客は誰しも満足のいくものです。また北海道のローカル番組の『水曜どうでしょう』にも登場した旅館としても有名で、今でも足を運ぶファンは少なくありません。

    0 0

    ご紹介する「ホテル竜飛」は、津軽半島最北端の岬「龍飛崎」に唯一ある温泉ホテル。日本海や津軽海峡、北海道まで見渡せる眺望抜群のホテルで、ロビーや客室はもちろん大浴場からもその景色が見られます。温泉は飲泉可能な天然温泉を使用した湯で、眺めを堪能しながら入る露天風呂は津軽一の絶景風呂! また、ホテルの真下を「青函トンネル」が通り、列車が通るたびに不思議な仕掛けも見られる「ホテル竜飛」をご紹介します。

    0 0

    仙台駅から車で30分、歌枕として度々和歌に登場する清流“名取川”の中流に広がる「秋保温泉」。そのお湯は皇室から“名取御湯(みゆ)”の称号を頂き、別所温泉(信濃御湯)・野沢温泉(犬養御湯)と並び日本三御湯の一つに数えられる名湯中の名湯。「華乃湯」は、そんな名湯のお湯を名取川に面した露天風呂で楽しめる数少ないホテル。貸切露天風呂もあり、家族連れやカップルに人気の秋保温泉「華乃湯」をご紹介します。

    0 0

    山形県にある銀山温泉は江戸時代に大銀山として栄えた地で、閉山後も湯治場として商いを続け、現在に至っています。大正時代から続く風情ある旅館の中で、ひと際目立つ存在の建物が「藤屋」です。2006年に木造りのぬくもりが伝わる僅か8室のデザイナーズ旅館として生まれ変わりました。銀山温泉では珍しいカップルや夫婦向けの高級旅館「藤屋」を紹介します。

    0 0

    青森県の夏の風物詩と云えば「青森ねぶた祭り」ですが、そのお祭りを一年中味わえるのが「星野リゾート 青森屋」。ホテル内は青森ねぶた祭りをコンセプトとして、食べて、見て、踊る祭り一色に染まっています。しかも、ここがあの星野リゾートであるという満足感も併せて味わえるのが大きなポイント。 ソフィスティケイテッドホテル星野リゾートで、今宵一夜を思いっきり"はしゃぐ"と云う経験をしてみませんか。

    0 0

    かわいい秋田犬(あきたいぬ)に会える空港をご存じですか?秋田県の大館能代空港は日本でただ一つ秋田犬が出迎えてくれる空港なのです。今回の旅のテーマは大自然と秘境。そして熊を食す!サプライズで秋田犬との出会いも加わった1泊2日の旅を紹介します。

    0 0

    ホテルに宿泊するだけで青森をまるごと体験できてしまうのが青森県三沢市にある星野リゾート青森屋です。青森が誇る夏祭り「ねぶた祭り」のプチ体験や本格派の津軽三味線、青森ならではの家具に囲まれた部屋、そして青森の郷土料理・・・とこれでもか!と青森を感じることができます。 青森観光のついでに泊まるだけじゃもったいない星野リゾート 青森屋の楽しみ方を伝授します。

    0 0

    茨城県との県境にほど近い、福島県塙町。山々に抱かれた町の、さらにその奥地に、『湯岐(ゆじまた)温泉』はあります。開湯からおよそ500年という古湯ですが、古文献にも多くは語られていないといいます。源泉は、ポコポコと岩の隙間から涌出で、その自噴源泉がそのまま湯舟になっている、全国でも珍しい温泉です。今回は、知る人ぞ知る湯治の秘湯・湯岐温泉『山形屋旅館』を紹介します!

    0 0

    心や体が疲れると、温泉に行きたくなりますよね。そんな時に、おすすめしたい温泉があります。そこは、秋田県にある乳頭温泉郷。秘湯として、日本一とも呼び名の高い温泉郷なのです。 その中でも、鶴の湯温泉は、世界中から観光客がわざわざ泊まりに来る人気の温泉宿です。今回は、そんな鶴の湯温泉の魅力や楽しみ方を紹介していきます。

older | 1 | (Page 2) | 3 | 4 | 5 | newer